<< 第35回東海社会文化賞 伝統守り奉仕に励む1個人1団体 | main | スーパーに行くような感覚で着物を選ぼう >>

スポンサーサイト

  • 2008.01.23 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


成人式に、アンティーク着物が人気 よりカジュアルに?

カジュアル感覚で、着物に人気が出てきているようです。成人式にはアンティーク着物の人気が高まってきているようですね。

(中日新聞より引用)

 成人式、卒業式など、着物を着る機会が増える季節。最近の和風ブームに乗って、街中で着物姿の女性も目立つ。上品で割安なアンティーク着物などがトレンド。個性派の女性が着物人気を支えているようだ。

 「着物は気持ちが引き締まり、大人になった気分です」。今月六日、長野県小諸市で行われた成人式に出席した遠藤小夜子さん(20)は晴れやかな笑顔をみせる。紫地に菊をあしらった振り袖は母親の友人から借りたが「四十年前の着物なのに、柄や色など古い感じがしない」と満足げだ。

 華やかで人気がある振り袖だが、反物から仕立てると百万円前後と高価。「他人とは違う本物の着物を着たい」と、割安なアンティーク着物を選ぶ女性が増えている。

 アンティーク着物は主に明治から昭和初期に着られていた古い着物。大振りな花や鳥をあしらった大胆な構図、シンプルで力強い縞(しま)・格子柄などが特徴だ。

 七年前からアンティーク着物を扱う松屋銀座では「ここ数年、成人式の振り袖として人気が高まっている」という。

 同売り場の堀江孝志課長は「地方の旧家の蔵などから出てきた上等な品が多い。当時の良家のお嬢さんが結婚式などに着たおしゃれ着で、フォーマルな場所にも似合う」。価格も五十万円前後と、新品の半額程度で購入できる。

 東京都内の専門学校に通う女性(19)は、昭和初期のアンティーク着物を着て成人式に出席する予定だ。黒地にチョウの柄をちりばめた着物で「落ち着いた感じが気に入ったから」と話す。

 振り袖は、成人式や結婚式など着る機会が限られるのが難点で、日常生活の中で着られる安価でカジュアルな着物も増えている。

 東京・西荻窪の着物ショップ「豆千代モダン」は、“デイリー着物”がコンセプト。デザインを手がける着物コーディネーターの豆千代さんは、着物に興味を持つ女性の間でカリスマ的な人気を誇る。

 同店の人気着物の「ピンストライプ」は、生地にポリエステルを使用。軽くて、しわになりにくい上に、細いストライプの柄がカジュアルな雰囲気を醸し出す。

 色もピンクやターコイズブルーなど洋服のようなテイスト。豆千代さんは「普段の食事や買い物に着て出かけても、似合う色や柄にしている」。着物、帯などをそろえても七万円前後と値段も安い。

 東京・原宿にあるリサイクルきものショップ「Tokyo135。」は二十歳代の若い人をターゲットに二年前にオープン。着物や帯、草履などがセットになった「着物デビューセット」を一万八千九百円で販売し、若い女性の人気を集めている。

 また、造花を使った帯飾りや髪飾り、レースの半襟など、洋服にも合う小物も扱う。「ワンピースのような感覚で着てもらいたい」と店長の高野悠美さん。

 初めて着物を購入する時の選び方は?

 豆千代さんは「色無地(単色で染めた着物)や、全体に細かい文様を散らした小紋は季節を問わず、着る機会も多い。食事や買い物、観劇など着ていく場所によって色や柄を選ぶといい」とアドバイスする。「難しく考えず、月に一回でも着物で出かけてみては。背筋も伸び、気分もリフレッシュします」


スポンサーサイト

  • 2008.01.23 Wednesday
  • -
  • 06:24
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

sponsored links
categories
スポンサードリンク
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM